洗顔法を変える

AI_IMG_7767_TP_V

ニキビになる原因があります。いくつかある中で洗顔法も大事な要素になります。

まず、洗顔する際の洗顔料の成分です。刺激の強い成分を使用すると炎症を起こしてニキビになったり、敏感肌の人にももちろん影響を与えます。そこでまずは、石油系界面活性剤が入っていない洗顔料を使用します。

石油系界面活性剤とは、ラウリル硫酸、ラウレス硫酸など硫酸とある成分や、スルホン酸、アンモニウム、水酸化ナトリウムなどが該当します。そして、無香料、無着色の自然派の洗顔料を使いましょう。

次に洗顔する時にも注意が必要です。しっかり泡立ててから顔を丁寧に優しくマッサージします。手だと時間がかかるので、無印良品の泡立てネットやパナソニック社の濃密泡エステという美容家電を使用するのも、時短になりふわふわの泡が短時間で出来るのでオススメです。

ふかふかの泡にせずに肌に擦り付けるように洗顔すると、水洗いしても落ちづらく洗顔剤が肌に残ってニキビになる可能性があります。

そして、最後はお湯やぬるま湯ではなく水でしっかり顔に洗顔剤が残らないように少し時間をかけても良いので洗います。以上のことをするだけでも肌に良く、ニキビに効果があったり、肌が綺麗になります。